脂肪の肥大化で出来るセルライトは早期解決しよう

シルエット

早期発見して対処する

お尻

脂肪がセルライトになってしまう

セルライトは脂肪細胞が肥大化することによって起こる症状です。脂肪細胞に老廃物が溜まって身体の代謝機能も落ちるので、脂肪燃焼しやすくダイエットでもリバウンドに繋がる恐れがあります。その身体の状態を放置すると症状が進行してセルライトとなるのです。

凹凸ができるのが特徴

太ももやお腹、手足をねじってみてください。ねじったとき皮膚に凸凹ができるときはセルライトがあるという証拠です。セルライトが初期の状態なら凹凸はできませんが、重症化するとこの症状が出るので注意が必要です。

脂肪燃焼のために必要なもの

ホルモンは脂肪分解をしてくれる働きがあるため、セルライト除去には効果的だといわれています。しかし脂肪細胞が肥大することでホルモンが脂肪細胞にまで届かなくなってしまい、脂肪分解が行なわれなくなってしまいます。セルライトができると身体は悪循環を繰り返してしまうのです。

つきやすい部位がある

基本的にセルライトがあると知ったときはすぐにセルライトを除去する必要があります。セルライトは皮下脂肪が多いとされる下半身や二の腕に付きやすいとされているので注意をしておくことが大切です。

洋ナシ型になる理由

女性は上半身が痩せているのに下半身が平均より太い洋ナシ型になりやすいです。元々脂肪を溜め込みやすいといえますが、更に下半身は皮下脂肪が多いことから下半身太りがしやすいのです。そのため体型にコンプレックスを抱く女性が増えています。

広告募集中